バーチャルオフィスを運営している経営者の皆様へ

振り込み詐欺などによる犯罪利用の対策はできていますか?

振り込み詐欺などによる犯罪利用の対策はできていますか?

(宮田啓二)も以前、ナレッジソサエティというバーチャルオフィスを経営しておりました。

起業でいきなりオフィスをもつリスクを避けるため、バーチャルオフィスはこれから起業する人々に役に立つビジネスとして立ち上げましたが、まったくの異業種からの参入で、わからないことだらけでしたので苦労の連続でした。

そして一番苦労したことが、バーチャルオフィスを利用しようとする犯罪をどのように防ぐかでした。

振り込み詐欺におけるバーチャルオフィス利用率

振り込み詐欺におけるバーチャルオフィス利用率

振り込み詐欺というのは、架空の会社をつくり、いかにも存在している会社のようにみせ、お金をだまし取った瞬間逃げるため、振り込み詐欺の犯罪者にとってバーチャルオフィスは非常に都合がいいのです。

また、そういいた犯罪者も「振り込み詐欺でバーチャルオフィスを利用します」なんて言ってきませんので、契約時に見分けていかないといけません。

なお、詐欺までいかなくても、怪しい投資ビジネスや出会い系ビジネスなどのグレーなビジネスにおいても、バーチャルオフィスは都合がいいため、そのような利用者も防いでいかないといけません。

振り込み詐欺の住所として利用されると経営に響きます

振り込み詐欺の住所として利用されると経営に響きます

振り込み詐欺などでバーチャルオフィスの住所が利用されますと、バーチャルオフィスの経営に大打撃があります。

例えば、ご丁寧に「ここのバーチャルオフィスはこのような犯罪に利用されました」とブログに書く人もいれば、振り込み詐欺住所一覧としてネット上に公開する人もいます。そうなりますと、真面目にそこのバーチャルオフィスを利用しているお客さんが自分の住所を検索すると「犯罪に利用されている住所」として出てきてしまうのです。このような形で住所が公開されると、契約者は減り売り上げも減りますし。

また、このような事件は、被害者が届け出た警察が捜査をしますので、それぞれの警察が出入りしてきますし、ビルから追い出される可能性もあります。

過去の実績と経験からのアドバイス

過去の実績と経験からのアドバイス

私も、ナレッジソサエティを経営していた時に、振り込み詐欺の住所として利用された経験があるのですが、その時に警察の方から犯罪の手口や概要などを聴けた関係で、振り込み詐欺でバーチャルオフィスを利用されないための対策をとることができました。

以降、振り込み詐欺などの詐欺関係や、投資や出会い系などのグレーなビジネスなどで、一切利用されることのないバーチャルオフィスへと変わりました。

このように実績のある犯罪防止対策をアドバイスいたします。

バーチャルオフィス犯罪防止対策相談

犯罪防止対策相談

相談料 60分10,000円(税別)

併せて、バーチャルオフィスビジネスの立ち上げや、女性起業家向けのサービスオフィス経営についての相談も受けることは可能です。

遠方の場合にはSkypeでの相談も行いますので、全国どこに住んでいる方でも、パソコンさえあれば対応は可能です。

ご希望の方は、以下の問い合わせフォームより問い合わせください。